自己分析はどこまで必要か 就職・転職

自己分析はどこまで必要か 就職・転職

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

自己分析はどこまで必要か記事一覧

就職活動には「自己分析」が必要だという。自己分析がなぜ必要かというと、自分のことを他人に説明する必要があるからだ。自分のことは自分が一番よく知っている!と言っても、それを言葉で表現することは難しい。自分のことをよく知っていても、それを言葉にできないなら、面接官やグループ討論などでは、何も言うことができなくなってしまう。つまり自己分析というのは、自分のことを説明する言葉を見つける、ということだね。何...

就職活動で自己分析は必須だという。そのため、自分がそれまで生きてきて、やってきたことを掘り返す「自分史」づくりをしたりする。ただそれだけではちょっと、自分自身を分析した感じにはならない。というのも自己分析というのは、自分のことを客観的に、他人の目線で見た感じで考えないと、話をするのに使えない。要するに「自分はこういうタイプで、こういったことに熱心だ」ということがハッキリしてないと、自分の強みや弱み...

自己分析のための行動タイプ分け。自己愛と能力レベルから、大きく分けると、自分大好きタイプと、勉強大好きタイプに分かれる。自分大好きタイプは、勉強などそっちのけで、自分の関心に素直に生きているタイプだ。自分大好きタイプは、さらに「超行動的タイプ」と「家庭的タイプ」に分かれる。超行動的タイプは、休みがあると一人でも出かけたりするタイプで、自分自身の充実感を求めるタイプだ。家庭的タイプは、家族や仲間と過...

就職活動で内定を取るための自己分析。「高学歴ステイタスタイプ」は、高い社会的地位を目指す。そのため、東大や京大と言った難関大学や、医学部などの難関学部を目指して勉強する。大学を出てからも、大企業の社長になったり、政治家になって大臣を目指すような、常に上を向いて努力するタイプだと思えば良い。そのため難関大学に通いながらも、英会話や専門学校に通ったりして、さらに一段のスキルアップに励む。「一流の人間」...

高学歴タイプというのは、普段から勉強するタイプで、難関大学や難関学部出身の場合が多い。ただし高学歴タイプにも2種類あって、ステイタスを追い求めるタイプと、ヘトヘトになっているタイプの人が居る。高学歴&ステイタスタイプというのは、一流を目指して努力し続ける人で、大学に通いながらも、英会話や専門学校に行ったりして、さらにもう一段のスキルアップを目指している。大企業に入って社長を目指したり、政治家になっ...

自己愛が強い人とは、自分のことが大好きな人だ。自分のことが好きだから、たいていニコニコしていて、人当たりも良い。自己愛というのは、本人の努力と言うよりも、育った環境に左右されるものらしく、チヤホヤされて育った人は、自己愛が強くなり、自己評価が高くなりやすい。なので子供の頃に大事に育てられた人は、自己愛が強くなると言う。またお金持ちや裕福な家庭に生まれ、広い部屋で育つと、自己愛が強くなりやすいらしい...

自分のことが大好きなタイプには、超活動的なタイプと家庭大好きタイプがある。超活動的なタイプは、家にじっとしておれないタイプで、結婚しても家を省みない。男性だったら家に帰ってこないし、女性だったら家で夫の帰りなど待っていない。常に新しい刺激を求めて出歩いているし、新しい人との出会いも求めている。なのであまり家庭的ではないのが、超活動的タイプだ。逆に、家庭的な自己愛タイプもいる。それが「自分大好き・家...

トップへ戻る